トップ > お知らせ一覧 > コロナウイルスによる日本配送への影響につきまして(4月4日時点)
コロナウイルスによる日本配送への影響につきまして(4月4日時点)

2020.04.04 更新

コロナウイルスによる日本配送への影響につきまして(4月4日時点)

平素は弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。
コロナウイルスの影響に伴う各国の防疫対策などから、
日本発着の航空便が大幅に減少しており、その影響で
中国から日本への国際配送につきましても一部で大幅な遅れが
生じております。また、各配送業者とも制限下でのサービス維持
のため送料の値上げに踏み切っております。

4月4日時点での弊社で取扱っております各配送業者の状況
および代替案内は以下の通りとなります。

・EMS(中国発日本宛)
現時点で引受停止はしておりませんが、荷物が長期間
中国側で滞留している状態となっており、また中国郵政からの
大幅な値上げ提示により以前の送料での出荷が困難なため、
当面の間FedExまたはDHLに振替えての配送案内となります。

・専用航空便
航空便減少により現在荷受けを一時停止中のため、
FedExまたはDHLに振替えての配送案内となります。

・DHL 
昨今のコロナウイルス環境下における配送コスト増加により、
2020年4月1日より22kg以上の送料が暫定的に改定されます。
なお、今後の情勢により再度改定が入る場合があります。

※2020年4月1日改定後DHL送料表(PDFファイル)

また4月1日より送料とは別で緊急事態の追加料金を

出荷ごとに徴収すると通達がありました。

出荷重量2.51kg ~ 30kg :追加料金20元 
30.1 ~ 70kg:追加料金120元 
70.1 ~ 300kg:追加料金400元 
301kg以上:追加料金1600元 

・FedEx ※0404追加

コロナウイルス環境下における配送コスト増加により、
2020年4月6日より中国から海外に発送する荷物すべてに
一時割増金(1kgあたり7元)が加算されます。

その他、バッテリー内蔵品や大型商品、磁石内蔵品など
イレギュラーな商品につきましても出荷手配が困難なため
当面の間一時停止いたします。

DHLおよびFedExは容積重量計算が採用されるほか、
一部地域宛の発送には追加費用が発生する場合があります。
また、商品内容やサイズによって配送方法や送料が
変更となる場合がございます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただき
ますようお願い申し上げます。

なお、中国側の購入代行につきましては一部地域のメーカーを
除き、ほぼ通常通り対応可能です。
中国国内の物流も主要業者は大体回復しておりますが、
商品によってはお時間がかかる場合があります。


ページトップへ戻る